僕が生きていく強さを伝える理由

僕が生きていく強さを伝える理由

僕が生きていく強さを伝える理由

僕が生きていく強さを伝える理由

僕が生きていく強さを伝える理由

 

「生きていく強さ」を伝えたい。

 

僕は、幼少期から、

 

アトピー性皮膚炎と吃音症があり、

 

「人前で肌を見せたくない」

 

「人前で話したくない」

 

という悩みに苦しんできました。

 

 

幼稚園に入ってからの

 

初めての運動会では、

 

アトピー性皮膚炎で

 

肌を見せたくなくて、

 

自分が出ているはずの

 

運動会に参加せず、

 

山の中に隠れて

 

運動会を見ていました。

 

 

その時は、「死にたい」

 

と思っていました。

 

 

小学生になってからは、

 

人前でうまく言葉が出なくて、

 

(後に吃音症だとわかる)

 

自己紹介が出来ず、

 

人とのコミュニケーションを

 

避けるようになりました。

 

 

「肌が気持ち悪い」

 

「病気がうつるから近づくな」

 

「気分が悪くなるから視界に入るな」

 

「ちゃんと喋れ」

 

「自分の名前ぐらい、ちゃんと言え」

 

「お前みたいな人間は、死んだ方がマシだ」

 

「その方が、みんなの為だ」

 

と言われ続け、

 

「言葉は、人を傷つけるもの」

 

だと思い込んで、

 

ずっと、生きてきました。

 

 

しかし、28歳の時に

 

「決定版!セミナー講師の教科書」

 

(立石剛氏著)という本の出逢いが

 

この考え方を変えてくれました。

 

 

僕の経験を伝えることで

 

僕にしか救えない人を救えると

 

思えたのです。

 

 

今では、

 

「言葉は、人を勇気づけるもの」

 

だと思って、自分の経験を伝えています。

関連記事

  1. 僕がグルメにこだわる理由
  2. 僕がメイクを始めた理由
  3. ホームページでお伝えしたいこと
  4. 僕がカメラを始めた理由
  5. 愛車で全国ツアー開催決定!!
  6. 僕を自殺から救ってくれた曲

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP